輸入代行を初めて利用した件

日本版アマゾンを利用しているので、中国直送商品がどういう感じかは知っています。
元々、アフィリエイト登録をしていたので、新規に利用登録をする必要も無く、
アマゾンが仲介するので、カード決済でも安心感があり、
中国直送でも単品購入が可能で送料無料なので、代行業者の必要は無かったんですが、

副業として、輸入代行業者を利用して商品を個人輸入、
アマゾン等で商品を販売して利益を得ている人が居るとの話を耳にし、
そういう事なら、まとめ買いをすれば、同じものがもっと安く買えるのか?
という安直な発想です。
少なくとも、今のところは商売っ気はありません。
アマゾンで買えないものを安く買えれば、個人的にはOK。

ところがどっこい、意外と敷居が高い。
相手は中国の商売人、こっちは1羽のカモですからねぇ。
決して「お客様」気分にはなれません。
また、代行手数料の他に、中国国内と国際郵便の送料が必要なので、
商品代金が安いと、結局、割高になるんですが、
今回は、騙されてもあきらめられる金額を設定し、商品を選択。

さて、ここからが厄介です。

今回利用したのは、経営者が日本人の業者ですが、担当者は日本語が出来る中国人。

利用登録は不要でしたが、指定されたエクセルのファイルに、
購入する商品の情報を詳細に記入し、見積もり依頼をメールで送るのが取引の始まり。
商品検索は、全て中国語サイト、商品の写真を貼り付ける必要があり、その画像は、
商品説明のページからコピーする必要がある。
※ここで、商品の確認が出来ないとアウトらしい。
※最悪、個人情報だけ取られる事になるかも(苦笑)。
商品が確認出来ると、販社と交渉し、メールで見積もり結果が届く。
それに納得し、指定された金額を入金すると、契約成立。
日本の銀行口座への振込みが可能だったので、そちらを利用。
(他の支払い方法も選択可能ですが、さすがにカード決済は怖い(笑)
入金が確認されると、業者が商品を発注。
商品が届くと、代行手数料や送料を計算し、2度目の請求書が届く。
その金額が最後の支払いです。
入金が確認されると、商品が日本に発送されます。

というか、発送連絡が今日だったので、結果待ちです。
なお、追跡番号で商品の追跡が可能なようです。

結論、
今回の業者の場合は、エクセルの操作が出来るのが大前提。
商品画像の添付が必要なので、ブラウザから画像をコピーし、
場合によっては、画像データの加工が必要。
中国語フォントがインストールされていないと文字化けする。
メールにエクセルのファイルを添付して送れる環境が必須。
支払いは2回。連絡は全てメール。
最初のメールの内容に不具合が無ければ、こちらからの連絡は1回だけ、
2回の支払いが、こちらからの意思表示となるようです。
業者からは、見積もり結果など、複数回メールが届きます(メールは日本語)。

代行業者への支払いは日本円ですが、
代行業者は中国元で支払いをしているので、円相場の変動が、
料金に反映されます。ここ要注意!

信用できる業者探しも重要ですが、パソコン操作のノウハウも必須。

いちばん儲かる!Amazon輸入ビジネスの極意
秀和システム
竹内亮介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



Amazon転売 売上アップの絶対法則 70
ソーテック社
天野 裕之

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック